積み木の住宅

不動産会社が徹底サポート!学生や新社会人向けの賃貸選びの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

初期費用を抑える

集合住宅

新居探しで難点になるのは、お気に入りの物件が見つかるかどうかだけではなくお金の問題も発生します。予算があれば、条件もある程度付加させて探すことができるから選択肢の幅が広がります。しかし、収入のことを考えると支払えるだけの家賃負担であるかどうかを見ないといけませんし、初期費用も考えておかないといけません。特に初期費用はまとめて出払うお金になるので、余力がないと契約出来ないケースもあるでしょう。
ただ、この初期費用の問題は敷金・礼金ゼロの物件から探すと解決できます。は敷金・礼金ゼロというのは指定された物件内で初期費用を抑えることができるキャンペーンのようなもので、入居者を確保する目的で設定されています。そのため、問題のある賃貸物件が設定されているのではなく、単に入居者を見つけて早く契約したいオーナーの意思で決められているから安心して選べるのです。

敷金・礼金ゼロの物件を選ぶことにより、10万円前後の初期費用カットが見込めます。それだけこの初期費用で占める割合が大きいことを意味しており、お得になることは間違いないでしょう。ただし、エリアや選定する物件のランクによって敷金・礼金の費用は変わります。ですから、お得かどうかで決めるのであれば、同じマンションやアパートの敷金・礼金相場を見て比較すると良いでしょう。基本的にこのあたりはオーナーの意思よりも相場を重視して決められる傾向にあるので、敷金・礼金ゼロを利用してお得かどうかの判断がつきます。